不妊かもと感じる瞬間とは

不妊に悩む夫婦は、現在6組に1組と言われているほど増えてきています。1年以上普通の夫婦生活をしているのに妊娠しない、というのがおおよその不妊の定義に当てはまりますので、心当たりがある夫婦は早めに病院でチェックしてもらうことがおすすめです。

妊娠しやすい人と妊娠しにくい人の違い

妊娠しやすい人の特徴

生理周期が安定している人、または20代〜30代前半の若い人はホルモンバランスが良く、排卵日を特定しやすいので比較的妊娠しやすいと言えます。

妊娠しにくい人の特徴

極端に太っている、または痩せている、冷え症、生理不順などに当てはまる人は、ホルモンバランスが安定しづらいので、妊娠しにくいと言われています。

ライフスタイルを見直してみよう

なかなか妊娠せず悩んでいる人は、まずは妊娠しやすい体に改善することを実践しましょう。栄養バランスの整った食事や適度な運動、睡眠をとることで、ホルモンバランスが安定し体質改善につながります。

様々な不妊改善法

婦人

規則正しい生活を送る

食事、睡眠、運動を規則正しく行う習慣をつけることで、ホルモンバランスが整い、子宮環境も良くなります。男性にも言えることですので、夫婦で実践してみましょう。

下半身を温める習慣をつける

冷えは、不妊の大きな原因となってしまうこともある女性の大敵です。腹巻やよもぎ蒸しなど、下半身を冷やさないような努力をすることで、不妊が改善される可能性があります。

葉酸を積極的に摂取する

葉酸は、妊娠前は母体に、妊娠中には胎児の発育に欠かせないとても重要な栄養素です。サプリで摂取すると、手軽で続けやすく良いでしょう。

大豆製品を積極的に摂取する

納豆などの大豆製品には、イソフラボンと呼ばれる栄養素が含まれています。イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをし、ホルモンバランスを整えてくれるため、多めに食べるようにすると効果的です。

布ナプキンを使ってみる

布ナプキンは、子宮の冷えを予防する効果があるとされています。また、生理周期が整う効果も分かっているため、使ってみましょう。

サプリや不妊鍼灸などの力で妊娠率を高めていこう

サプリメント

不妊鍼灸で妊娠するための準備をしよう

不妊の改善に良いとされることは、効果的な食材を食べたり、布ナプキンを使用したりすることが良いです。しかし、この他にも方法があることを知っておきましょう。不妊鍼灸は、不妊に悩む人に特化したサービスで、妊娠しやすい環境を作り出すサポートをしてくれます。特に体外受精の移植周期などでは、着床しやすい子宮の環境づくりを手伝ってくれるので、非常に人気が高いです。東洋医学ですので、薬の処方などもなく安心です。また、子宮を温め、排卵周期を調整する効果などもあります。
ただし、スタッフの腕が重要となってきますので、名医と呼ばれる鍼灸師を見つけることが出来れば、妊娠率はぐっとあがります。特に大阪には不妊鍼灸の名医が多いと言われていますので、探してみましょう。

妊婦

妊活サプリを積極的に摂取しよう

葉酸や鉄、カルシウムなどが含まれたもの妊婦さんに良い物の為、俗に妊活サプリと呼ばれます。妊娠しやすい体作りの補助となり、また妊娠後も服用を続けることで、胎児にも良い影響をもたらします。
特に葉酸は、産婦人科から摂取の指導があるくらいに大切な栄養素です。胎児の発育不良を防ぎ、初期の流産を防ぐ効果もあるので、妊娠する前から摂っておくとなお良いでしょう。葉酸は通常の食事で必要量を摂ることは難しいため、サプリによっての摂取が一般的です。

大阪にある婦人科医院に通おう♪

広告募集中